開業資金(設備資金・運転資金)の調達、国民生活金融公庫融資、銀行融資、公的融資(制度融資)なら資金調達.net

資金調達.NET » 資金調達の基礎知識 » 企業活力強化資金

企業活力強化資金

企業活力強化資金とは小規模事業者や中小企業者のために、日本政策金融公庫が行っている融資制度です。個人事業主や小規模事業者向けの国民生活事業、中小企業向けの中小企業事業に分かれていますが、融資限度額以外は内容にほとんど違いはありません。

経営者は店舗を増やしたり新製品を開発したり、最新設備を導入するなど、事業を発展させるためにさまざまな取り組みを行います。しかし小規模事業所や中小企業にとって、これらの資金を調達するのは困難で、思うように事業を発展させられないという課題がありました。企業活力強化資金はこのような課題を解決するための融資制度で、商業と製造業、下請事業を行う事業者が対象となります。

資金の使い道は商業の場合は作業を合理化するための設備の取得、セルフサービスを行う店舗の取得、新規分野への進出、販売促進、人材の確保、空き店舗への入居、商店街の活性化、外国人旅行者への対応のための資金です。

製造業の場合は製品を開発するための設備資金と運転資金です。製造業では中小ものづくり高度化法に基づくものづくり製品開発関連の融資となるため、特定ものづくり基盤技術を用いた製品や技術の開発と、新製品の販路開拓などが使い道となります。このため、ものづくり製品開発等計画書を提出しなければいけません。また、製品開発が売上向上に貢献する見込があるか、次の2つのうちいずれかの補助金を活用することが条件になります。

活用できる補助金はものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援補助金と、中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業です。補助金を受けながら開発すれば、さらに資金繰りは楽になります。

下請業の場合は特定下請連携事業計画を行うための設備資金と、運転資金となっています。

中小企業は7億2,000万円が貸付限度額

融資限度額は国民生活事業が7,200万円で、このうち運転資金は4,800万円までです。返済期間は設備資金が20年以内、運転資金が5年以内となっています。

中小企業事業の限度額は7億2,000万円で、運転資金の場合は2億5,000万円が上限です。返済期間は設備資金が20年以内、運転資金が7年以内です。

事業を強化するために業務の合理化や新規店舗の開店、新技術の開発などを計画している事業者にとって、金融機関よりも借りやすい公的支援は強い味方になります。まずは日本政策金融公庫に相談しましょう。

資金調達に精通した税理士の無料紹介はこちら

事業計画書作成でお悩みのあなたへ

実際に融資のおりた事業計画書例25パック実際に融資のおりた事業計画書例25パック

当パックは、実際に日本政策金融公庫や制度融資(信用保証協会付融資)から融資がおりた事業計画書25例を同封しております。

「どのような事業計画書を作成すれば良いかわからない」
「事業計画書を作成したことがない」

これから日本政策金融公庫融資や信用保証協会付融資をお考えの方のお役に立てれば幸いです。

公的融資申請の前に!ファクタリングによる資金調達はご存知でしょうか?

金融機関に融資を断られた方、融資が望めそうに無い方は、経済産業省も制度の推進をしている「ファクタリング」の活用を検討しましょう。

ファクタリングとは、ファクタリング会社にあなたの会社の売掛金を売却し、資金を調達する方法を言います(個人事業主でもOKです)。

借入ではありませんから、審査も簡単。

即日の資金調達も可能。つなぎ資金・急な資金調達ニーズにも柔軟に対応。債務超過でも、決算が赤字でも利用は可能です。逆に、資金繰りが改善するので、金融機関への信用もアップします!

ご注意頂きたい点は、わずか2つです。

1.事業資金専用のサービスであること
2.100万円以上の売掛金が必要であること

簡単10秒診断でまずは資金調達が可能か診断してみましょう。



※資金調達プロの担当者より、ファクタリングのご説明の電話がございますので、貴社の資金調達の件についてまずはご相談ください。
融資不可となり起業をあきらめる前に、投資家から1,000万円の事業資金を調達しませんか? ※無料登録後すぐに案件内容が公開され、投資家からの連絡を受け取ることができます。 Founder(ファウンダー)起業家ユーザー無料登録はこちら