開業資金(設備資金・運転資金)の調達、国民生活金融公庫融資、銀行融資、公的融資(制度融資)なら資金調達.net

資金調達.NET » 資金調達の基礎知識 » 金利の低いビジネスローン

金利の低いビジネスローン

資金繰りが厳しい時に役立つビジネスローン

中小企業や個人事業主などが資金繰りに困った時に役立つのがビジネスローンです。

これら規模の小さな企業・事業主は赤字経営が続いているわけでなく、黒字で安定した経営を行っている場合でも資金繰りに困るケースが少なくありません。

もとの資本力がどうしても限られてしまうため、資金を回収する前に支払いが必要になった場合や納税の時期が来た場合には資金を用意するのが難しい状況に陥ってしまうことも多いのです。

90年代〜2000年代には銀行の貸し渋りなどの影響で銀行の黒字倒産が大きな問題となりましたが、そうした状況を防ぐために現在ではさまざまな融資制度が設けられています。民間の金融機関が用意するビジネスローンもその一種です。

中小企業が資金調達のために融資を受ける方法としては日本政策金融公庫などが実施している公的資金も選択肢として挙げられますが、こちらは申込みから審査を経て実際に融資を受けられるまでに時間がかかります。

資金繰りが厳しいときにはたいてい数日以内に何とかしないと経営がピンチになるケースが多いため、公的融資では対応するのが難しいのです。

そんな時には最短で即日融資も可能なビジネスローンが役立ちます。他にも審査が通りやすい、総量規制の対象外、担保・保証人が原則不要といった借りやすい点もメリットです。

しかしその一方でビジネスローンは金利が高いというデメリットがあります。

これは借りやすいメリットと背中合わせのもので、貸す側にとっては回収不能になるリスクを負う分どうしても金利を高めに設定して利益を確保する必要があるのです。

ですからビジネスローンを利用する場合にはすぐに資金調達ができるかどうか、借りやすいかどうかだけでなく、金利がどの程度か、どこか一番低いのかもチェックして選んでいく必要があります。

実際に金利を比較してみる

ビジネスローンの金利を比較する際には2つの点に注意しましょう。

まず上限で判断すること。最大で金利が何パーセントになるのか。下限はよほど条件が揃わない限り適用されることは少ないのであまり参考になりません。もうひとつは自分が融資を受けたい金額でどの程度の金利になるか。

2016年9月現在で代表的なところでは三井住友トラスト・ローン&ファイナンスの「L&Fカードローン」で上限8.900パーセントがあります。ただしそれらは不動産担保型です。

それから三井住友カードの「ゴールドローンカードレス」では上限9.200パーセントと低めに設定されています。

それ以外の無担保型では条件15パーセント前後が主流となっています。

資金調達に精通した税理士の無料紹介はこちら

事業計画書作成でお悩みのあなたへ

実際に融資のおりた事業計画書例25パック実際に融資のおりた事業計画書例25パック

当パックは、実際に日本政策金融公庫や制度融資(信用保証協会付融資)から融資がおりた事業計画書25例を同封しております。

「どのような事業計画書を作成すれば良いかわからない」
「事業計画書を作成したことがない」

これから日本政策金融公庫融資や信用保証協会付融資をお考えの方のお役に立てれば幸いです。

公的融資申請の前に!ファクタリングによる資金調達はご存知でしょうか?

金融機関に融資を断られた方、融資が望めそうに無い方は、経済産業省も制度の推進をしている「ファクタリング」の活用を検討しましょう。

ファクタリングとは、ファクタリング会社にあなたの会社の売掛金を売却し、資金を調達する方法を言います(個人事業主でもOKです)。

借入ではありませんから、審査も簡単。

即日の資金調達も可能。つなぎ資金・急な資金調達ニーズにも柔軟に対応。債務超過でも、決算が赤字でも利用は可能です。逆に、資金繰りが改善するので、金融機関への信用もアップします!

ご注意頂きたい点は、わずか2つです。

1.事業資金専用のサービスであること
2.100万円以上の売掛金が必要であること

簡単10秒診断でまずは資金調達が可能か診断してみましょう。



※資金調達プロの担当者より、ファクタリングのご説明の電話がございますので、貴社の資金調達の件についてまずはご相談ください。
融資不可となり起業をあきらめる前に、投資家から1,000万円の事業資金を調達しませんか? ※無料登録後すぐに案件内容が公開され、投資家からの連絡を受け取ることができます。 Founder(ファウンダー)起業家ユーザー無料登録はこちら