開業資金(設備資金・運転資金)の調達、国民生活金融公庫融資、銀行融資、公的融資(制度融資)なら資金調達.net

資金調達.NET » 資金調達用語集 » ブラックリストとは?

ブラックリストとは?

ブラックリストに載ってしまうと、当然ながら一般的な融資を受けることは難しくなります。

ただ、ブラックリストの噂はよく耳にしますが、実際に見たことありませんし、どのように管理されているのか判らない人も多いでしょう。

通称「ブラックリスト」と呼ばれていますが、正式には「個人信用情報機関に記載された消費者の事故情報」と言います。

また、融資を行う機関が、個別に滞納情報や不払い情報を管理しているのではなく、加盟する団体内で情報を共有し、融資基準の判断に利用しています。

つまり、A社で滞納や不払いを起こすと、同じ個人信用情報機関を利用するB社にも滞納情報が伝わり、融資を受けにくくなります。

ブラックリストに載ってしまうと融資を受けられないと言われるのは、個人信用情報が共有されているためです。

ブラックリストへの記載と融資

通称「ブラックリスト」と呼ばれる「個人信用情報機関に記載された消費者の事故情報」は、融資を願う人にとって恐れる存在でしょう。

一般的には、自己破産、滞納、不払いなどによりブラックリストに登録され、以後の融資は受けられなくなります。しかし、永遠ではありません。

ブラックリストの情報は、5年から10年で自動的に消されてしまうのです。

滞納なら約5年、自己破産をしたとしても7年から10年で、ブラックリストの情報は消えてなくなります。

また、ブラックリストの情報は、融資機関の所属する組織によっても異なるため、滞納ならば融資機関を変えるだけで利用できることもあります。

もちろん、官報に載るような自己破産であれば、融資機関を変えただけでは利用できないと思いますが、噂で聞くほどブラックリストは怖くないと覚えておきましょう。

ブラック体験談〜借り入れができなくなる〜

どうせ借り入れをするなら、金利が低めで大手のところがいいと考えて、プロミスで借り入れの申し込みをしました。最初は10万円の希望を出して審査を受けたところ、無事に通りましたので全額借入をしました。その後、借りては返す状態を続けているうちに利用枠がどんどん上がっていき、最終的には50万円くらいの借金になりました。

最初は毎月5000円にしていましたが、借入額が増えるようになってからは徐々に返済額も高くなっていきました。最終的には1~2万円程度返していたはずです。契約は過払い金の話が出るようになってしばらくたったころで、利率がかなり低くなってから申し込みをしましたので、法律に近い17.8%の年利になっていました。

私は、最初の借金でほしかったバッグを購入しました。そのときに意外と簡単に借りることができて、それからは外食費や買い物の不足分、生活費などいろいろな用途で使っていました。後半は毎月の返済額が大きくなったこともあり、自分の給料だけでは返せなくなっていたため、借金を返すお金をキャッシングで借りていました。

いよいよきつくなり無料の法律相談があることを知り、予約を取って出かけてみたところ、ちょうど債務整理が得意な弁護士にあたりました。そこで、これからは毎月きちんと返していくのか、裁判所で手続きをするのかと確認されました。それぞれのメリットやデメリットもきちんと説明してもらえたので、結局納得したうえで返済を続けることにしました。

もともと金利が低くなってから借りていたこともあり、利息の引きなおし計算をしても借金は安くならないということでした。しかし、今の返済額を減額することはできると言われましたので、自分の収入と生活費を見直して、返せる範囲内の金額で和解を結ぶことができました。今は毎月8000円ずつの返済ですので、無理なく返せています。

緊急でお金が必要な時など、本当に助けられました。限定品だったのでどうしてもほしかったし、今も大切に使っていられるのはあの借り入れのおかげです。その一方で、債務整理をしてからは一切借金ができなくなりましたので、不便なこともありました。まさか自分がブラックになるとは思っていませんでしたし、今後数年間は新たな借金やローンが利用できなくなるそうです。とはいえ、今回の債務整理で自分の家計をきちんと見直すことができ、完済したら貯金ができるように頑張ろうという気持ちにもなれました。その点では、いい勉強ができたと思っています。

資金調達に精通した税理士の無料紹介はこちら

事業計画書作成でお悩みのあなたへ

実際に融資のおりた事業計画書例25パック実際に融資のおりた事業計画書例25パック

当パックは、実際に日本政策金融公庫や制度融資(信用保証協会付融資)から融資がおりた事業計画書25例を同封しております。

「どのような事業計画書を作成すれば良いかわからない」
「事業計画書を作成したことがない」

これから日本政策金融公庫融資や信用保証協会付融資をお考えの方のお役に立てれば幸いです。

公的融資申請の前に!ファクタリングによる資金調達はご存知でしょうか?

金融機関に融資を断られた方、融資が望めそうに無い方は、経済産業省も制度の推進をしている「ファクタリング」の活用を検討しましょう。

ファクタリングとは、ファクタリング会社にあなたの会社の売掛金を売却し、資金を調達する方法を言います(個人事業主でもOKです)。

借入ではありませんから、審査も簡単。

即日の資金調達も可能。つなぎ資金・急な資金調達ニーズにも柔軟に対応。債務超過でも、決算が赤字でも利用は可能です。逆に、資金繰りが改善するので、金融機関への信用もアップします!

ご注意頂きたい点は、わずか2つです。

1.事業資金専用のサービスであること
2.100万円以上の売掛金が必要であること

簡単10秒診断でまずは資金調達が可能か診断してみましょう。



※資金調達プロの担当者より、ファクタリングのご説明の電話がございますので、貴社の資金調達の件についてまずはご相談ください。
融資不可となり起業をあきらめる前に、投資家から1,000万円の事業資金を調達しませんか? ※無料登録後すぐに案件内容が公開され、投資家からの連絡を受け取ることができます。 Founder(ファウンダー)起業家ユーザー無料登録はこちら