開業資金(設備資金・運転資金)の調達、国民生活金融公庫融資、銀行融資、公的融資(制度融資)なら資金調達.net

資金調達.NET » 資金調達用語集 » 融資詐欺とは?

融資詐欺とは?

甘い誘い文句で融資を促す、融資詐欺に注意してください。

個人や法人に関係なく、融資を騙る詐欺が増えています。

融資詐欺は、融資が受けられなくなったり、融資基準に満たない人など、融資を望む人を言葉巧みに騙して、上前をはねようとします。

基本的に、「旨い融資」なんてありません。

悪質な融資詐欺にもさまざまな手口があります。たとえば代表的なものでは「保証金振り込み詐欺」という事例があります。

これは融資をすると謳いつつ、融資に必要な保証金などの現金を振り込ませる手口です。もちろん実際には1円も融資されません。

この詐欺はさまざまな広告手法で被害者を誘います。

電話やダイレクトメール、WEB広告などを使い、普通の貸金業者を装って活動しています。

中には実際に存在する有名貸金業者に関係している業者に見せかけ、顧客を信用させようとしているところもあるので、見極めが重要です。

ちなみに現金を振り込ませる名目はさまざまで、保証金にかぎらず、手数料や保険料、登録料などの言葉が使われています。

しかし、まともな貸金業者であれば融資前に現金を振り込ませるという事はあり得ないのです。

他にも貸金業者の社員を装って近づいてくる融資詐欺もあります。

この事例では融資を持ち掛けるだけでなく、キャッシュカードやクレジットカードのカード番号や暗証番号を聞き出そうとしてきます。

当たり前ですが、正当な貸金業者の社員が顧客に対してカード番号や暗証番号を聞こうとすることは絶対にありません。

どの融資機関も厳しい条件を設け、信頼できる人に融資します。

比較的条件が甘いと言われる消費者金融に融資を断られたのなら、それ以上に条件の良い融資話なんて無いと考えてください。

融資詐欺に引っかかる人に限って手を出すのですが、ヤミ金融には絶対に手を出さないようにしましょう。

いくら生き延びるためであれ、ヤミ金融を利用してしまうと、今以上に生活が厳しくなってしまいます。

どうしても生活ができなくなって困るのなら、無料で生活を支援してくれる弁護士や、民間の生活支援団体に相談してみましょう。

借金問題やヤミ金からの取り立てで悩んでいる方はこちらをクリック

資金調達に精通した税理士の無料紹介はこちら

事業計画書作成でお悩みのあなたへ

実際に融資のおりた事業計画書例25パック実際に融資のおりた事業計画書例25パック

当パックは、実際に日本政策金融公庫や制度融資(信用保証協会付融資)から融資がおりた事業計画書25例を同封しております。

「どのような事業計画書を作成すれば良いかわからない」
「事業計画書を作成したことがない」

これから日本政策金融公庫融資や信用保証協会付融資をお考えの方のお役に立てれば幸いです。

公的融資申請の前に!ファクタリングによる資金調達はご存知でしょうか?

金融機関に融資を断られた方、融資が望めそうに無い方は、経済産業省も制度の推進をしている「ファクタリング」の活用を検討しましょう。

ファクタリングとは、ファクタリング会社にあなたの会社の売掛金を売却し、資金を調達する方法を言います(個人事業主でもOKです)。

借入ではありませんから、審査も簡単。

即日の資金調達も可能。つなぎ資金・急な資金調達ニーズにも柔軟に対応。債務超過でも、決算が赤字でも利用は可能です。逆に、資金繰りが改善するので、金融機関への信用もアップします!

ご注意頂きたい点は、わずか2つです。

1.事業資金専用のサービスであること
2.100万円以上の売掛金が必要であること

簡単10秒診断でまずは資金調達が可能か診断してみましょう。



※資金調達プロの担当者より、ファクタリングのご説明の電話がございますので、貴社の資金調達の件についてまずはご相談ください。
融資不可となり起業をあきらめる前に、投資家から1,000万円の事業資金を調達しませんか? ※無料登録後すぐに案件内容が公開され、投資家からの連絡を受け取ることができます。 Founder(ファウンダー)起業家ユーザー無料登録はこちら