開業資金(設備資金・運転資金)の調達、国民生活金融公庫融資、銀行融資、公的融資(制度融資)なら資金調達.net

資金調達.NET » 資金調達用語集 » 金融ブローカーとは?

金融ブローカーとは?

ビジネスシーンの橋渡し人

金融市場では所有している資産をうまく運用したい人と、資金調達のために融資を受けたい人が存在します。

いわばお金がある人とお金が足りずに必要としている人がいるわけで、それをいかにうまく結びつけるかが「世の中にお金を回す」重要なポイントといえます。

金融ブローカーとは、資金を運用したい人と、融資を受けたい人を結びつける職業で、融資の仲介業者と考えれば良いでしょう。

例えば将来性のある事業を手がけようとしているのに資金が十分に確保できていない企業に対してお金を持っている人が投資する。

それによってその事業が軌道に乗って大きな利益を出せるようになれば出資者に配当という形で見返りが来る。

こうした流れをうまく作り上げることでお金が循環し、景気そのものがどんどん上向きになっていくわけです。

バブル崩壊後の不景気、とくに90年代後半~2000年代前半は銀行の「貸し渋り」が大きな問題になるなど、お金がうまく回らないことが景気を停滞される大きな要因になっているとの指摘がよく見られました。

せっかく黒字経営で堅実に頑張っている中小企業が融資を受けられないばかりに破綻に追い込まれてしまうといったケースが全国各地で見られ、大きな問題となったのです。

こうした問題もあって国では資産運用に関する規制緩和を積極的に推進し、銀行預金だけに頼らないさまざまな資産運用の道が開けるようになりました。

貯蓄を持っている人がファンドなどを通して企業に投資することでお金を広く循環させることができるだけでなく、超低金利の銀行口座への貯蓄では得られないような高い運用益を出す機会にも恵まれるようになったのです。

スポンサードリンク


金融ブローカーの役割

ただ、資産運用をすれば必ず儲かる、銀行口座よりも高い運用益が得られるというわけではありません。

また融資を受ける企業の側としても返済や配当の負担が過度にならない範囲内での融資を受ける必要があります。この両者の思惑をうまく結びつける役割を担うのが金融ブローカーです。

資産運用を検討している人もビジネスシーンの動向を逐一把握できるわけではありませんから、専門的な知識と情報を持っている金融ブローカーを利用することでよりよい投資先を探すのが現実的な選択肢です。

融資を受けたい経営者にとっても金融ブローカーのアドバイスや紹介はなくてはならないものといってもよいでしょう。

そんな金融ブローカーは通常手数料や報酬といった形で生計を立てています。

そのため手数料や着手金目当てでいい加減な仕事をする悪質な金融ブローカーも少なくありません。

金融ブローカーを利用する際には信頼できるかどうか、実績があるかどうかをよく見極めたうえでの判断が求められる部分もあるのが現状です。

また、金融ブローカーが行うのは、単なる紹介だけであり、不動産仲介業者のように、契約後も大家と住民の間を取り持つわけではなく、紹介以外の業務は行いません。

金融ブローカーの中でも、紹介屋と呼ばれる業者は、融資を行うように思わせながらも、実際は紹介を行うだけで、融資は別の業者が行うにもかかわらず、手数料を取ります。

紹介屋の問題点として指摘されることのひとつに、融資を行う業者に紹介をしたわけではなく、全く関係もないにもかかわらず、あたかも紹介したようなそぶりを装い、手数料を得ることがありますので十分注意してください。

資金調達に精通した税理士の無料紹介はこちら

事業計画書作成でお悩みのあなたへ

実際に融資のおりた事業計画書例25パック実際に融資のおりた事業計画書例25パック

当パックは、実際に日本政策金融公庫や制度融資(信用保証協会付融資)から融資がおりた事業計画書25例を同封しております。

「どのような事業計画書を作成すれば良いかわからない」
「事業計画書を作成したことがない」

これから日本政策金融公庫融資や信用保証協会付融資をお考えの方のお役に立てれば幸いです。

公的融資申請の前に!ファクタリングによる資金調達はご存知でしょうか?

金融機関に融資を断られた方、融資が望めそうに無い方は、経済産業省も制度の推進をしている「ファクタリング」の活用を検討しましょう。

ファクタリングとは、ファクタリング会社にあなたの会社の売掛金を売却し、資金を調達する方法を言います(個人事業主でもOKです)。

借入ではありませんから、審査も簡単。

即日の資金調達も可能。つなぎ資金・急な資金調達ニーズにも柔軟に対応。債務超過でも、決算が赤字でも利用は可能です。逆に、資金繰りが改善するので、金融機関への信用もアップします!

ご注意頂きたい点は、わずか2つです。

1.事業資金専用のサービスであること
2.100万円以上の売掛金が必要であること

簡単10秒診断でまずは資金調達が可能か診断してみましょう。



※資金調達プロの担当者より、ファクタリングのご説明の電話がございますので、貴社の資金調達の件についてまずはご相談ください。
融資不可となり起業をあきらめる前に、投資家から1,000万円の事業資金を調達しませんか? ※無料登録後すぐに案件内容が公開され、投資家からの連絡を受け取ることができます。 Founder(ファウンダー)起業家ユーザー無料登録はこちら