開業資金(設備資金・運転資金)の調達、国民生活金融公庫融資、銀行融資、公的融資(制度融資)なら資金調達.net

資金調達.NET » 資金調達の基礎知識 » 葬儀ローンの借り方

葬儀ローンの借り方

葬儀で急なお金が必要になった時に

日常生活の中では急な出費が強いられる不測の事態も起こりえます。経営者の場合は会社の経営危機や大幅に損失といったケースが上げられますが、個人の場合でもっとも大きな出費が求められる不測の事態といえば葬儀です。ご家族などが亡くなった場合には葬儀を執り行うことになるわけですが、それにも当然お金はかかります。「終活」といわれ、生前に亡くなった後の財産や葬儀の費用などをまとめておく動きが広がっていますが、誰でも死んだ時のことを考えたくないこともあってか、なかなか万全の準備を整えておくのは難しいようです。そのため誰かが亡くなったときには家族・親族が葬儀を行うための準備とお金の調達に奔走することになります。

日本の葬儀の平均は100万円程度といわれています。これだけのお金をポンと出せるひとはそれほど多くはないでしょう。しかも故人の銀行口座は亡くなった段階で凍結されるのでそこから引き出すというわけにはいきませんし、生命保険も死後1日2日で受け取れるというわけでもありません。かといってお金がないからと葬儀費用を節約しすぎてしまうと世間体の問題も出てきます。

身近な人の死にはこうした難しい問題があるわけですが、こうしたケースに対して融資を行うローンが葬儀ローンです。文字通り葬儀に必要になるお金を融資する制度なのですが、これまで挙げてきた事情のようにすぐにお金が必要になるケースが多い上に、どのような形で利用すればよいのか事前に情報を入手しづらい部分もあるので、借り方、手順などを早い段階で確認しておくことが求められます。

どうやって借りるのか?

最大の問題はそもそもどうやって葬儀ローンを探すことができるのか、です。自動車ローンや住宅ローンのように金融機関が主力製品として力を注いでいるわけではなく、どこでも扱っているというわけではありません。また扱っていてもホームページなどで詳細を入手するのが難しい環境にあるケースがほとんどです。

実際に借りる場合には葬儀社が窓口になります。つまり葬儀の段取りを決めていく過程で葬儀社に「費用を調達するのが難しいのでローンを利用したいのですが」と話を持ち出したうえで利用を検討していくことになるのがほとんどです。ですから依頼する葬儀社がどんなローンを扱っているかで選択肢が決まってくるという難しい面もあるのです。

ローンさえ決めればあとの流れは簡単でネットやファックスなどで申し込みが可能、審査は数時間程度で済むので1〜2日ほどで葬儀に必要な費用を捻出できるでしょう。ただ金利が高めのローンもあるので他のローン、用途自由のローンとどちらがよいかなどの選択も必要でしょう。

事業計画書作成でお悩みのあなたへ

実際に融資のおりた事業計画書例25パック実際に融資のおりた事業計画書例25パック

当パックは、実際に日本政策金融公庫や制度融資(信用保証協会付融資)から融資がおりた事業計画書25例を同封しております。

「どのような事業計画書を作成すれば良いかわからない」
「事業計画書を作成したことがない」

これから日本政策金融公庫融資や信用保証協会付融資をお考えの方のお役に立てれば幸いです。

銀行融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」をご存知ですか?

ファクタリングのオッティは中小企業向けファクタリングです。売掛金があり、資金繰りに悩んでいる方は一度問い合わせしてみましょう。

ファクタリングとは?

売掛金がない。公的融資を申請している時間もないという方へ

事業者向けビジネスローンビジネクストが選ばれる4つのメリットとは?

ご融資額は1万~1000万円となります。毎月の返済額が自動で計算できます。

事業拡大・決算時などのまとまった資金ニーズに、一時的なつなぎ資金にご活用ください。