開業資金(設備資金・運転資金)の調達、国民生活金融公庫融資、銀行融資、公的融資(制度融資)なら資金調達.net

資金調達.NET » 融資の基礎知識 » 手形の割引・裏書・不渡り

手形の割引・裏書・不渡り

手形の割引と裏書とは

売主が商品を売ったときにはその代金を受け取りますが、代金を現金ではなく手形で受け取ることがあります。

期日に持っていくと現金に変えることができるわけですが、手形の割引は、金融機関あるいは手形割引業者に支払期日前に買い取ってもらうことです。この時、割引料として期日までの金利を支払います。

銀行と手形割引業者の違いは、銀行は持ち込み人の信用状況を根拠にして審査をしますが、業者の場合は手形の信用状況によって取引をするかどうかを判断します。

また、業者の場合は現金化が即日できる、手続きが裏書のみなどメリットもあります。割引レートは業者よりも銀行のほうが安くなっています。

裏書は、手形を譲渡した際に手形の裏面に順次記載される経過のことで、手形の支払いを裏書人が保証するものになります。

裏書には、譲渡者が署名、捺印し、手形を譲渡される者の名称を記します。

裏書の日付と裏書人の住所は記載しなくても法律上問題はありません。

ただし、万が一手形が不渡りになると、不渡りの通知を受け取ることができません。

また、裏書が有効なものになるには、裏書が第一裏書人から所持人まで連続している必要があります。「裏書の連続」がないと現金化できません。

不渡りとは?

不渡りは、小切手や手形の支払期日が過ぎているのに、受取人に額面金額が支払われず決算できない状態のことです。不渡りの原因には、期日のミスや形式の不備、当座預金の残高不足、偽造や詐欺あります。

資金不足などで不渡りを出してしまった場合には、その事実がすべての金融機関に通知されるので、今後金融機関から借入れを行うのが困難になります。

半年以内にもう一度不渡りを出すと、金融機関に対する通知日から2年間は当座預金取引ができなくなります。倒産はしていませんが、倒産扱いになります。

実際に倒産に追い込まれる場合もありますが、現金決済での事業の継続も不可能ではありません。しかし、不渡りは回避すべきものなので、資金不足に陥っているなら、早めに手形のジャンプの依頼をすることです。ジャンプとは支払期日を延期してもらうことです。

不渡り手形を受け取った側も、当てにしていたお金が入らないため損失を受けることになります。

余裕資金がある場合には対応できますが、そうでないなら連鎖倒産になることもあります。万が一不渡り手形を受け取ったとしても、裏書人がいれば直前の裏書人に手形金額の返還を要求できます。

裏書人がいなくても、振出人に対しては3年間請求ができるので、根気強く交渉することができます。所持人から裏書人に請求する場合の時効は1年です。

資金調達に精通した税理士の無料紹介はこちら

事業計画書作成でお悩みのあなたへ

実際に融資のおりた事業計画書例25パック実際に融資のおりた事業計画書例25パック

当パックは、実際に日本政策金融公庫や制度融資(信用保証協会付融資)から融資がおりた事業計画書25例を同封しております。

「どのような事業計画書を作成すれば良いかわからない」
「事業計画書を作成したことがない」

これから日本政策金融公庫融資や信用保証協会付融資をお考えの方のお役に立てれば幸いです。

公的融資申請の前に!ファクタリングによる資金調達はご存知でしょうか?

金融機関に融資を断られた方、融資が望めそうに無い方は、経済産業省も制度の推進をしている「ファクタリング」の活用を検討しましょう。

ファクタリングとは、ファクタリング会社にあなたの会社の売掛金を売却し、資金を調達する方法を言います(個人事業主でもOKです)。

借入ではありませんから、審査も簡単。

即日の資金調達も可能。つなぎ資金・急な資金調達ニーズにも柔軟に対応。債務超過でも、決算が赤字でも利用は可能です。逆に、資金繰りが改善するので、金融機関への信用もアップします!

ご注意頂きたい点は、わずか2つです。

1.事業資金専用のサービスであること
2.100万円以上の売掛金が必要であること

簡単10秒診断でまずは資金調達が可能か診断してみましょう。



※資金調達プロの担当者より、ファクタリングのご説明の電話がございますので、貴社の資金調達の件についてまずはご相談ください。
融資不可となり起業をあきらめる前に、投資家から1,000万円の事業資金を調達しませんか? ※無料登録後すぐに案件内容が公開され、投資家からの連絡を受け取ることができます。 Founder(ファウンダー)起業家ユーザー無料登録はこちら