開業資金(設備資金・運転資金)の調達、国民生活金融公庫融資、銀行融資、公的融資(制度融資)なら資金調達.net

資金調達.NET » 資金調達用語集 » 少人数私募債とは?

少人数私募債とは?

少人数私募債は社債の一種

企業が資金調達を行う選択肢に社債があります。ひとつの銀行から資金を調達するのではなく、出資者を募ってお金を確保する方法です。株式の発行とは異なり、幅広く資金を調達する必要がない点も大きな特徴で、比較的確保しやすい資金調達の一種といえます。

ただこの方法にも、もちろんいくつかの難点があります。最大の難点はやはり出資者を確保することができるかどうかでしょう。たとえば銀行から融資を受けることができなかった企業に対して出資しようという人がどれだけ現れるか?また経営が厳しい状況に追い込まれている状況で資金調達のために社債を発行する際に、どれだけ出資してくれる人がいるか。この点こそ社債が抱えている最大の問題点といえるでしょう。

少人数私募債とはより少人数の出資者から資金を集めることを可能にした制度です。広く出資者を募る一般的な社債を「公募債」と呼んでいるのに対して、こうした名称がつけられています。

公募債には募集人数を50人以上集めなければならないという条件が設けられています。これは金融機関を出資対象とした場合を除いて公募債の基本条件となっており、これ未満の場合には成り立ちません。人数的にはそれほどハードルは低くないようにも思えますが、中小企業ともなるとこの水準をクリアするのもなかなか難しいですし、多くの人に出資を検討させるほどの魅力ある内容を用意できる余裕がある会社も少ないものです。そんな時に50名未満でも発行できる形で資金調達を行えるのが少人数私募債なのです。

いくつかの制限があります

私募債という名称のとおり個人的に集めることが可能な面もあります。たとえば社長など会社の家族や友人などに限定して発行することも可能なため、どうしても資金の流れが不透明になってしまうなどの難点も抱えています。それだけに社債としての透明性や公平性を維持するためさまざまな制限が設けられているのです。そしてそれが公募債との大きな違いでもあります。

まず譲渡制限。公募債は所有者は原則として好きなときにほかの人に譲渡することが可能なのに対して、少人数私募債では制限が設けられています。所有者が転々とするようなことが起こらないわけです。それから最低金額。とくに具体的な金額が設定されているわけではありませんが、総額は1口ごとの最低金額で割って50以下にすることが条件となっています。ひとりひとりの購入者が公平になるよう配慮が求められるわけです。

このようにいくつかの制限はありますが、出資者を絞ったうえで資金調達を行うことができる意味でメリットが大きい制度といえるでしょう。

少人数私募債のより詳しい解説は姉妹サイトの少人数私募債.comを参考にしてください。

資金調達に精通した税理士の無料紹介はこちら

事業計画書作成でお悩みのあなたへ

実際に融資のおりた事業計画書例25パック実際に融資のおりた事業計画書例25パック

当パックは、実際に日本政策金融公庫や制度融資(信用保証協会付融資)から融資がおりた事業計画書25例を同封しております。

「どのような事業計画書を作成すれば良いかわからない」
「事業計画書を作成したことがない」

これから日本政策金融公庫融資や信用保証協会付融資をお考えの方のお役に立てれば幸いです。

公的融資申請の前に!ファクタリングによる資金調達はご存知でしょうか?

金融機関に融資を断られた方、融資が望めそうに無い方は、経済産業省も制度の推進をしている「ファクタリング」の活用を検討しましょう。

ファクタリングとは、ファクタリング会社にあなたの会社の売掛金を売却し、資金を調達する方法を言います(個人事業主でもOKです)。

借入ではありませんから、審査も簡単。

即日の資金調達も可能。つなぎ資金・急な資金調達ニーズにも柔軟に対応。債務超過でも、決算が赤字でも利用は可能です。逆に、資金繰りが改善するので、金融機関への信用もアップします!

ご注意頂きたい点は、わずか2つです。

1.事業資金専用のサービスであること
2.100万円以上の売掛金が必要であること

簡単10秒診断でまずは資金調達が可能か診断してみましょう。



※資金調達プロの担当者より、ファクタリングのご説明の電話がございますので、貴社の資金調達の件についてまずはご相談ください。
融資不可となり起業をあきらめる前に、投資家から1,000万円の事業資金を調達しませんか? ※無料登録後すぐに案件内容が公開され、投資家からの連絡を受け取ることができます。 Founder(ファウンダー)起業家ユーザー無料登録はこちら