開業資金(設備資金・運転資金)の調達、国民生活金融公庫融資、銀行融資、公的融資(制度融資)なら資金調達.net

資金調達.NET » 資金調達の基礎知識 » 自動車ローンの借り方

自動車ローンの借り方

選び方から借り方まで

自動車を購入する際に資金調達の手段として利用するのが自動車ローンです。現金で車をその場で購入する人は少なく、この自動車ローンを利用するのが一般的でしょう。それだけに賢い借り方でうまく活用していくことが重要になってきます。さまざまな金融機関が自動車ローンを販売しており、自分にもっとも合ったものを選ぶことが求められている時代でもあります。

それだけに自動車ローンの借り方は製品選びからはじまります。ひと昔前はディーラーが提携しているローンの中から選んで利用するのが一般的でしたが、現在ではインターネットなどから情報収集を行いやすいこともあって自分で幅広い選択肢の中から選ぶケースが増えています。ですから車を購入する前の段階でどの自動車ローンがよいのか、検討をつけておきましょう。

最大のチェックポイントは金利が安く、負担が少なく済むかどうかということになりますが、この点に関しては返済期間や利用方法によっても異なってきます。基本的には金利が安いほど返済期間も短くなりますから、融資を受ける金額や月々の返済額などを考慮したうえで選ぶことになります。いくら金利が安くても、返済期間が短く月々の返済額が高くなるローンは「お得」とはいえないわけです。

また用途も確認しておきましょう。自動車ローンの中には自動車の購入だけでなく運転免許の獲得、車検、車庫、部品の購入など自動車に関わるさまざまな費用に利用できるものもあります。近年では各自動車ローンごとに用途の範囲が大きく異なることは少なくなっていますが、自分がどんな目的でローンを必要としているのか、あらかじめ確認しておきましょう。融資を受けたはいいものの、自分の目的に使用できなかった、では意味がありません。

利用する条件をクリアしておくこと

自動車ローンに限らず融資を受ける際には必ず条件を満たしていることが求められます。とくに重要なのが年収と融資額とのバランスです。具体的な条件は各ローンによって設定が異なりますが、だいたい1年間の返済額が年収の40パーセント以内に収まるのが一般的です。また他のローンや借り入れを利用している場合には総額が年収の50パーセント以内が目安となります。また収入に関しては毎月安定した収入がある環境も重要です。この点審査が厳しいところと比較的緩いところがありますから、審査をクリアできるか自信がない方は審査が緩いローンはどれか、ネットで情報収集を行っておくとよいでしょう。

資金調達に精通した税理士の無料紹介はこちら

事業計画書作成でお悩みのあなたへ

実際に融資のおりた事業計画書例25パック実際に融資のおりた事業計画書例25パック

当パックは、実際に日本政策金融公庫や制度融資(信用保証協会付融資)から融資がおりた事業計画書25例を同封しております。

「どのような事業計画書を作成すれば良いかわからない」
「事業計画書を作成したことがない」

これから日本政策金融公庫融資や信用保証協会付融資をお考えの方のお役に立てれば幸いです。

公的融資申請の前に!ファクタリングによる資金調達はご存知でしょうか?

金融機関に融資を断られた方、融資が望めそうに無い方は、経済産業省も制度の推進をしている「ファクタリング」の活用を検討しましょう。

ファクタリングとは、ファクタリング会社にあなたの会社の売掛金を売却し、資金を調達する方法を言います(個人事業主でもOKです)。

借入ではありませんから、審査も簡単。

即日の資金調達も可能。つなぎ資金・急な資金調達ニーズにも柔軟に対応。債務超過でも、決算が赤字でも利用は可能です。逆に、資金繰りが改善するので、金融機関への信用もアップします!

ご注意頂きたい点は、わずか2つです。

1.事業資金専用のサービスであること
2.100万円以上の売掛金が必要であること

簡単10秒診断でまずは資金調達が可能か診断してみましょう。



※資金調達プロの担当者より、ファクタリングのご説明の電話がございますので、貴社の資金調達の件についてまずはご相談ください。
融資不可となり起業をあきらめる前に、投資家から1,000万円の事業資金を調達しませんか? ※無料登録後すぐに案件内容が公開され、投資家からの連絡を受け取ることができます。 Founder(ファウンダー)起業家ユーザー無料登録はこちら