開業資金(設備資金・運転資金)の調達、国民生活金融公庫融資、銀行融資、公的融資(制度融資)なら資金調達.net

資金調達.NET » 融資の基礎知識 » 不正融資のカラクリ(不正融資はどうやって起きるのか?)

不正融資のカラクリ(不正融資はどうやって起きるのか?)

融資を受ける価値や資格がないのに、まるで融資可能であるかのように装って融資を得ることが不正融資です。

巨額の不正融資が発覚して大きなニュースとして報道されることもありますが、不正融資は詐欺罪であり、取締役など高いポストの人がかかわれば特別背任罪にもなります。

大手銀行や大企業が不正融資で破綻すれば、社会的な損害額も莫大であり、単に一社の問題では済まなくなるのです。

不正融資は、それに関係するすべての人が不正だと認識していないところに怖さがあります。

複数の個人や企業に協力を求め、あたかも正当な融資であるように装うケースも多々あるため、知らず知らずのうちに詐欺に協力していたなんてこともあるのです。

故意ではなくても不正融資にかかわれば損害を被ることは間違いないので、不正融資の特徴だけでも知っておくべきでしょう。

よくあるのが不動産売買における見せ金です。

資力がないにもかかわらず、資金を得るために短期間だけ高額の現金を口座に入れて、融資の審査を受ける方法です。

それを斡旋する詐欺グループが存在し、地主などに短期間だけ現金を貸し付け、審査が通れば手数料を上乗せして回収します。

また、破綻寸前の個人や会社に、第三者を通じて過剰な貸付を行い、あたかも信用保証の範囲に収まっているように見せかける迂回融資というものもあります。

これを防ぐには、白紙委任状などに絶対にサインしないことです。

資金調達に精通した税理士の無料紹介はこちら

事業計画書作成でお悩みのあなたへ

実際に融資のおりた事業計画書例25パック実際に融資のおりた事業計画書例25パック

当パックは、実際に日本政策金融公庫や制度融資(信用保証協会付融資)から融資がおりた事業計画書25例を同封しております。

「どのような事業計画書を作成すれば良いかわからない」
「事業計画書を作成したことがない」

これから日本政策金融公庫融資や信用保証協会付融資をお考えの方のお役に立てれば幸いです。

公的融資申請の前に!ファクタリングによる資金調達はご存知でしょうか?

金融機関に融資を断られた方、融資が望めそうに無い方は、経済産業省も制度の推進をしている「ファクタリング」の活用を検討しましょう。

ファクタリングとは、ファクタリング会社にあなたの会社の売掛金を売却し、資金を調達する方法を言います(個人事業主でもOKです)。

借入ではありませんから、審査も簡単。

即日の資金調達も可能。つなぎ資金・急な資金調達ニーズにも柔軟に対応。債務超過でも、決算が赤字でも利用は可能です。逆に、資金繰りが改善するので、金融機関への信用もアップします!

ご注意頂きたい点は、わずか2つです。

1.事業資金専用のサービスであること
2.100万円以上の売掛金が必要であること

簡単10秒診断でまずは資金調達が可能か診断してみましょう。



※資金調達プロの担当者より、ファクタリングのご説明の電話がございますので、貴社の資金調達の件についてまずはご相談ください。
融資不可となり起業をあきらめる前に、投資家から1,000万円の事業資金を調達しませんか? ※無料登録後すぐに案件内容が公開され、投資家からの連絡を受け取ることができます。 Founder(ファウンダー)起業家ユーザー無料登録はこちら