開業資金(設備資金・運転資金)の調達、国民生活金融公庫融資、銀行融資、公的融資(制度融資)なら資金調達.net

給与の前借り制度とは?

労働基準法第25条では、災害や出産など厚生労働省令によって「非常の場合」と認められている状況では、給料日前でも給料の支払いをしなければならないことになっています。

従業員からすれば給与の前借りができるということです。ただし、これはすでに働いた分の金額に限ります。それを超える金額を前借りすることはできません。

経営者が善意で既に働いた分以上のお金を前渡して、後で給料から天引きするなら、従業員はその期間は働かなければならない、その会社に拘束されるということで強制労働になってしまいます。

このように雇用者には、非常の場合以外に給料の前渡しをする義務はありませんし、働いた分以上の賃金を前渡しすることも法律上できません。

従業員から既に働いた以上の金額の前借りの申し出があり、応じてあげたいと思うなら、前渡し金ではなく貸付金とすることができます。会社が従業員と金銭消費貸借契約を行い、従業員が返済していくという形です。

ただし、労働基準法では、貸付金と給料の相殺はできないことになっています。

つまり給料から天引きして回収することはできません。法律に違反せずに給料からの天引きをするためには、福利厚生を目的として、従業員貸付制度の規定を作り、返済に関する労使協定を結ぶ必要があります。

事業計画書作成でお悩みのあなたへ

実際に融資のおりた事業計画書例25パック実際に融資のおりた事業計画書例25パック

当パックは、実際に日本政策金融公庫や制度融資(信用保証協会付融資)から融資がおりた事業計画書25例を同封しております。

「どのような事業計画書を作成すれば良いかわからない」
「事業計画書を作成したことがない」

これから日本政策金融公庫融資や信用保証協会付融資をお考えの方のお役に立てれば幸いです。

銀行融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」をご存知ですか?

ファクタリングのオッティは中小企業向けファクタリングです。売掛金があり、資金繰りに悩んでいる方は一度問い合わせしてみましょう。

ファクタリングとは?

売掛金がない。公的融資を申請している時間もないという方へ

事業者向けビジネスローンビジネクストが選ばれる4つのメリットとは?

ご融資額は1万~1000万円となります。毎月の返済額が自動で計算できます。

事業拡大・決算時などのまとまった資金ニーズに、一時的なつなぎ資金にご活用ください。