開業資金(設備資金・運転資金)の調達、国民生活金融公庫融資、銀行融資、公的融資(制度融資)なら資金調達.net

資金調達.NET » 資金調達用語集 » 過払い金とは?

過払い金とは?

払い過ぎたお金、それが過払い金

お金を借りると利息をつけて返済しなければいけません。以前は金利が29.2%までなら刑事罰の対象とならなかったため、ほとんどの消費者金融が29%などの高い利息でお金を貸していました。利息が高いので返済をしてもなかなか元本が減らず、多重債務などの借金苦に陥る人が増えて社会問題となりました。そこで政府は2008年に貸金業法を作り、2010年から施行しました。貸金業法では利息の上限を次のように決めています。10万円未満の借り入れは年20%まで、10万円以上100万円未満の場合は年18%まで、100万円以上の場合は年15%まで。これ以上の利息でお金を貸すと、刑事罰の対象となります。

以前の法律では見逃されていた29.2%の利息と、新たに決められた15%~20%の利息の間の金利をグレーゾーン金利と呼んでいますそしてこのグレーゾーンの利息で返済したお金を、過払い金といいます。過払い金とは、法律で決められた利息以上に払い過ぎたお金という意味です。

グレーゾーン金利でお金を借りていた人は過払い金が発生している可能性が非常に高くなります。つまり2010年以前にお金を借りていた人です。2010年以降15%~20%以下の金利で貸さないと刑事罰を受けますから、どの消費者金融も法定利息を守ってお金を貸しているので、過払い金が発生することはほとんどありません。

過払い金は返してもらおう

過払い金は返還請求をすると返してもらうことができます。過払い金の返還請求は、まずお金を借りた消費者金融に取引履歴を開示するよう請求します。取引履歴とはその人が金を借りたり返したりした取引の記録が記されたものです。そこには利息も記載されていますから、この取引履歴をもとに本来の15%~20%の利息で返済していたばあいの返済額と、実際に返済していた額の差額を算出し、その分を返還してもらうよう請求するのです。本当は過払い金の請求には、5%の利息を上乗せして請求できるのですが、消費者金融は利息の支払いに応じないのが現状です。また返還請求しても、お金を返そうとしない業者もいます。このため過払い金の返還請求では交渉が非常に重要です。

過払い金請求は自分でもできるのですが、過払い金の引き直し計算や消費者金融との交渉は、経験が豊富な弁護士や司法書士に任せたほうが得策です。ただし、なかには悪質な弁護士や司法書士もいますから、信頼できる人に頼みましょう。

過払い金は実質貯蓄的性質のお金ですから、自己資金たり得ます。せっかく過払い金が発生していても、悪徳弁護士にその殆どを報酬としてかすめ取られては元も子もありません。

債務整理体験談

借入利用した会社と借入金額

以前仕事が見つからなかったことがあり、アイフルから生活費として20万円を借りました。この会社を選んだのは、審査が早いこと、店舗まで出かけなくても申し込みができること、近くに無人契約機があるので利用しやすいことなどが大きな理由です。申し込んだその日に希望した金額を借りることができ、次の仕事が見つかるまで助けられました。

月々の返済額と金利

毎月の返済額は、7000円でした。金利は年28%近くあったと思います。最初の内はきちんと返済できていましたが、しばらくたつと追加で借り入れができるようになりましたので、ついつい何度も現金を引き出してしまいました。その結果、毎月の返済額も徐々に膨れ上がり、最終的には月2万5000円程度返すようになりました。

資金使途

使い道は、最初の内は生活費でした。仕事が見つかるまでの移動費や生活費、家賃などに消えていましたが、仕事に就けてからはしばらく使っていませんでした。しかし、付き合いが増えるようになって飲食費が足りなくなり、気軽に現金を引き出せることからつい何度も借り入れをするようになりました。最後には、返済のためのお金を借りていました。

専門家への依頼のきっかけ

借り入れが増えていっても感覚が麻痺していて、比較的最近まではこれが当たり前だと思っていました。しかし、知人が債務整理をして借金が消えたどころかお金が返ってきたという話を聞いて、その時の司法書士を紹介してもらいました。相談は無料で、話を聞いた上で履歴を取り寄せて引き直し計算をするところまでは費用もかからないと言われて依頼しました。

弁護士や司法書士による債務整理の結果

相談をしてから2か月くらい経過した頃、司法書士から連絡があって過払い金が90万円ほどあり、それを60万円程度に減額しても良いのならば2か月程度で返してもらえるということでした。裁判をする余裕もなく、早くお金が欲しかったので、話し合いによる解決で減額に応じることに同意しました。報酬を支払っても50万円近く手元に戻りました。

借入をして良かったこと、後悔していること

借り入れをして良かったことは、何と言っても仕事を見つけるまでの生活ができたことです。また、節度のある使い方をしている間は、非常に便利だと思っていました。後悔しているのは、司法書士にトータルの支払額を見せられた時、身にもならない利息に相当なお金を払っていると分かったことです。最初からある程度貯蓄をしておけば、これだけのお金が貯金できたのだと思うと、もったいないという気持ちになりました。ですが、一部分でもお金を返してもらえましたので、今後は貯金をできるだけするように、生活を見直したいと考えています。

かつての高金利で長期間返済をしている方は、過払い金がある可能性がありますので過払い金請求をしましょう!→債務整理の無料相談はコチラ

資金調達に精通した税理士の無料紹介はこちら

事業計画書作成でお悩みのあなたへ

実際に融資のおりた事業計画書例25パック実際に融資のおりた事業計画書例25パック

当パックは、実際に日本政策金融公庫や制度融資(信用保証協会付融資)から融資がおりた事業計画書25例を同封しております。

「どのような事業計画書を作成すれば良いかわからない」
「事業計画書を作成したことがない」

これから日本政策金融公庫融資や信用保証協会付融資をお考えの方のお役に立てれば幸いです。

公的融資申請の前に!ファクタリングによる資金調達はご存知でしょうか?

金融機関に融資を断られた方、融資が望めそうに無い方は、経済産業省も制度の推進をしている「ファクタリング」の活用を検討しましょう。

ファクタリングとは、ファクタリング会社にあなたの会社の売掛金を売却し、資金を調達する方法を言います(個人事業主でもOKです)。

借入ではありませんから、審査も簡単。

即日の資金調達も可能。つなぎ資金・急な資金調達ニーズにも柔軟に対応。債務超過でも、決算が赤字でも利用は可能です。逆に、資金繰りが改善するので、金融機関への信用もアップします!

ご注意頂きたい点は、わずか2つです。

1.事業資金専用のサービスであること
2.100万円以上の売掛金が必要であること

簡単10秒診断でまずは資金調達が可能か診断してみましょう。



※資金調達プロの担当者より、ファクタリングのご説明の電話がございますので、貴社の資金調達の件についてまずはご相談ください。
融資不可となり起業をあきらめる前に、投資家から1,000万円の事業資金を調達しませんか? ※無料登録後すぐに案件内容が公開され、投資家からの連絡を受け取ることができます。 Founder(ファウンダー)起業家ユーザー無料登録はこちら