開業資金(設備資金・運転資金)の調達、国民生活金融公庫融資、銀行融資、公的融資(制度融資)なら資金調達.net

資金調達.NET » 融資の基礎知識 » 自己破産と資金調達

自己破産と資金調達

自己破産をするとお金が借りられない?

自己破産をすると信用情報に自己破産した情報が残ります。このため金融機関や貸金業者に融資を申し込んでも、どこもお金を貸してくれません。自己破産をしたという情報は、信用情報機関によっても異なりますが、5年から10年間は記録に残ります。記録が残ってしまえば、その期間はお金が借りられなくなります。それどころかクレジットカードも作れませんし、ローンを組むこともできません。では過去に自己破産をした人が起業しようとする場合、どこからも資金調達ができないのでしょうか。

そのようなことはありません。日本政策金融公庫などの公的融資を利用しましょう。日本政策金融公庫なら自己破産をした人でも、返済能力があると判断すればお金を貸してくれます。というのも日本政策金融公庫の場合、融資申込者の信用情報をほとんどチェックしないからです。全国銀行個人信用情報センターという信用情報機関に加盟しているので、信用情報にはいつでもアクセスできるのですが、あまり信用情報を参考にしようとはしません。このため融資申込時の面談で、自分から自己破産をしたと言わないかぎり、担当者には相手が自己破産者かどうかはわからないのです。ただし、預金通帳の記載内容など何らかの理由で、自己破産をしたことがバレてしまうこともあります。しかし基本的には、日本政策金融公庫なら自己破産をした人でもお金を借りることは可能です。

再挑戦をする人のための融資もある

以前に会社を経営して倒産させてしまった人には、日本政策金融公庫の再挑戦支援資金や信用保証協会の再挑戦保証制度が利用できます。これは一度失敗してしまった人が融資を受けられず、再び事業を行えないのは人的資源の損失だという考え方から、自己破産経験者でも将来性のあるビジネスにチャレンジする人には融資を行うための制度です。

しかしいくら公的機関であっても、自己破産をして間もない場合は融資を受けるのは難しいといえます。自己破産した後にコツコツとお金をためて、ある程度の自己資金を蓄えてからでないと、なかなか融資してもらえません。

また、インターネットなどで自己破産をした人でもお金が借りられるという広告をみかけることがありますが、これらは闇金業者です。非常に高利で貸し付けますから、決してだまされないでください。公的融資はどこからも資金調達ができない起業家が、ヤミ金などからお金を借りないためのセーフティネットでもあります。

資金調達に精通した税理士の無料紹介はこちら

事業計画書作成でお悩みのあなたへ

実際に融資のおりた事業計画書例25パック実際に融資のおりた事業計画書例25パック

当パックは、実際に日本政策金融公庫や制度融資(信用保証協会付融資)から融資がおりた事業計画書25例を同封しております。

「どのような事業計画書を作成すれば良いかわからない」
「事業計画書を作成したことがない」

これから日本政策金融公庫融資や信用保証協会付融資をお考えの方のお役に立てれば幸いです。

公的融資申請の前に!ファクタリングによる資金調達はご存知でしょうか?

金融機関に融資を断られた方、融資が望めそうに無い方は、経済産業省も制度の推進をしている「ファクタリング」の活用を検討しましょう。

ファクタリングとは、ファクタリング会社にあなたの会社の売掛金を売却し、資金を調達する方法を言います(個人事業主でもOKです)。

借入ではありませんから、審査も簡単。

即日の資金調達も可能。つなぎ資金・急な資金調達ニーズにも柔軟に対応。債務超過でも、決算が赤字でも利用は可能です。逆に、資金繰りが改善するので、金融機関への信用もアップします!

ご注意頂きたい点は、わずか2つです。

1.事業資金専用のサービスであること
2.100万円以上の売掛金が必要であること

簡単10秒診断でまずは資金調達が可能か診断してみましょう。



※資金調達プロの担当者より、ファクタリングのご説明の電話がございますので、貴社の資金調達の件についてまずはご相談ください。
融資不可となり起業をあきらめる前に、投資家から1,000万円の事業資金を調達しませんか? ※無料登録後すぐに案件内容が公開され、投資家からの連絡を受け取ることができます。 Founder(ファウンダー)起業家ユーザー無料登録はこちら