開業資金(設備資金・運転資金)の調達、国民生活金融公庫融資、銀行融資、公的融資(制度融資)なら資金調達.net

資金調達.NET » 融資の基礎知識 » サラ金から借りる場合のデメリット

サラ金から借りる場合のデメリット

利用者にとっては便利な点が多い消費者金融ですが、銀行からお金を借りる以上に計画的に利用しなければ後で大変なことになります。消費者金融のデメリットは、何といっても金利が高いことです。特にビジネスローンとして大口融資を受ける場合は、返済負担が大きくなります。返済を滞納すると信用が大きく下がります。銀行が消費者金融を利用して返済を滞納したという事実を知った場合、要注意取引先として今後の融資を受けるのは難しくなります。このような大きなデメリットがあることを覚悟しておきましょう。

また、総量規制の対象外であっても、融資限度額は銀行よりも低くなります。融資限度額を300万円~500万円程度としているところが多いので、それ以上の資金が必要な場合は、足りない分を他から調達しなければいけません。

そして利用する際は、必ず金融庁や財務局の悪質な貸金業者リストに乗っていないか、貸金業者の登録を行っているかをチェックして、悪質な業者の被害にあわないよう注意してください。

サラ金から借りるメリット

事業を経営していると社員の人件費や運転資金、設備投資資金、つなぎ資金、税金の支払いなどさまざまな出費がついてまわります。この資金繰り問題に頭を悩ませる事業主は少なくありません。

事業経営の資金調達では、日本政策金融公庫の公的融資や、銀行からの融資を受けるのが一般的です。しかし公的な融資は書類申請など煩雑な手続きが必要で、融資までに時間がかかります。金融機関も審査に時間がかかるうえに審査が厳しく、なかなかお金を貸してくれないのが現状です。このような場合、ノンバンクと呼ばれる消費者金融のビジネスローンを利用する経営者が多いのですが、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

消費者金融を利用するメリットは、対応が迅速なことです。審査も銀行ほど厳しくありませんし、最短で即日融資が可能です。急にお金が必要になった場合などに重宝します。無担保、保証人無しで借りられるのもメリットです。またビジネスローンの場合は、個人の利用とは異なり総量規制の対象外になります。ノンバンクで個人がお金を借りる場合は、総量規制によって年収の3分の1までしか借りられません。しかしビジネスに利用するためにお金を借りるなら、総量規制は行われません。少しでも早く、簡単な手続きで資金調達したい事業主に向いている資金調達法です。

資金調達に精通した税理士の無料紹介はこちら

事業計画書作成でお悩みのあなたへ

実際に融資のおりた事業計画書例25パック実際に融資のおりた事業計画書例25パック

当パックは、実際に日本政策金融公庫や制度融資(信用保証協会付融資)から融資がおりた事業計画書25例を同封しております。

「どのような事業計画書を作成すれば良いかわからない」
「事業計画書を作成したことがない」

これから日本政策金融公庫融資や信用保証協会付融資をお考えの方のお役に立てれば幸いです。

公的融資申請の前に!ファクタリングによる資金調達はご存知でしょうか?

金融機関に融資を断られた方、融資が望めそうに無い方は、経済産業省も制度の推進をしている「ファクタリング」の活用を検討しましょう。

ファクタリングとは、ファクタリング会社にあなたの会社の売掛金を売却し、資金を調達する方法を言います(個人事業主でもOKです)。

借入ではありませんから、審査も簡単。

即日の資金調達も可能。つなぎ資金・急な資金調達ニーズにも柔軟に対応。債務超過でも、決算が赤字でも利用は可能です。逆に、資金繰りが改善するので、金融機関への信用もアップします!

ご注意頂きたい点は、わずか2つです。

1.事業資金専用のサービスであること
2.100万円以上の売掛金が必要であること

簡単10秒診断でまずは資金調達が可能か診断してみましょう。



※資金調達プロの担当者より、ファクタリングのご説明の電話がございますので、貴社の資金調達の件についてまずはご相談ください。
融資不可となり起業をあきらめる前に、投資家から1,000万円の事業資金を調達しませんか? ※無料登録後すぐに案件内容が公開され、投資家からの連絡を受け取ることができます。 Founder(ファウンダー)起業家ユーザー無料登録はこちら