開業資金(設備資金・運転資金)の調達、国民生活金融公庫融資、銀行融資、公的融資(制度融資)なら資金調達.net

資金調達.NET » 資金調達の基礎知識 » ブライダルローンの借り方

ブライダルローンの借り方

結婚式にかかる費用をローンで調達

結婚式は多くの人にとって一生に一度の晴れ舞台。できるだけ一生の思い出に残るような素晴らしいシチュエーションにしたいものです。こだわりの結婚式への需要が高まっていることから、結婚式場やコーディネーターがさまざまな趣向を凝らした内容を用意しており、そこに本人の希望や条件なども加えることで理想の結婚式の準備を進めていくことができます。

しかし選択肢が多く自由度も高くなり、よいシチュエーションで式を行う機会に恵まれるようになったことで、今度は費用の問題が付きまとうようになってきます。素晴らしい会場で、最高の環境を整えたうえで結婚式を開催するとなるとどんどん費用がかさんでいきます。それらを自分や親族で用意することができれば問題ありませんが、それが難しい場合にはお金を借りて調達する選択肢も出てきます。せっかくの晴れ舞台をお金のせいで妥協したくない、というわけです。

そんな時に役立つのがブライダルローンです。その名のとおり結婚式にかかる費用を借りることができるローンなのですが、この金融商品は他の自動車ローンや住宅ローンとはさまざまな面で内容や事情が異なる部分があります。そのためこれまで挙げてきたポイントも踏まえたうえで借り方を慎重に検討していくことが大事です。

ブライダルローンを借りる最大のポイント

一生に一度の晴れ舞台を最高のものにするために、と書きましたが、ブライダルローンを借りる際には借りたお金をどこまで利用できるかがもっとも重要なポイントとなります。ローンには用途の制限がつきものですが、ブライダルローンに関しては「どこまで結婚式に関わる出費なのか」の定義がローンや扱っている金融機関によって異なることが多く、注意が必要なのです。たとえば結婚式でかかる費用のみを融資するローンもあれば新婚旅行にかかる費用まで含まれるものもあります。さらには結婚後に新たな新婚生活を送るために必要なお金をカバーしている場合もあります。結婚式以外にどれだけのお金がかかるか、自分たちでどれだけ資金を調達できるかをよく考慮したうえで選ぶ必要があるわけです。

もうひとつのポイントはブライダルローン選びそのものです。このローンは式を行う結婚式場が窓口になるケースが多いため、その式場が提携している金融機関のローンしか利用できない可能性も出てきます。ですからそれらのローンが自分たちに本当に向いているのかどうか、式場を通さずに自分たちだけでローンを組んだほうがよいのかどうかもよく検討したうえでの判断が求められます。

資金調達に精通した税理士の無料紹介はこちら

事業計画書作成でお悩みのあなたへ

実際に融資のおりた事業計画書例25パック実際に融資のおりた事業計画書例25パック

当パックは、実際に日本政策金融公庫や制度融資(信用保証協会付融資)から融資がおりた事業計画書25例を同封しております。

「どのような事業計画書を作成すれば良いかわからない」
「事業計画書を作成したことがない」

これから日本政策金融公庫融資や信用保証協会付融資をお考えの方のお役に立てれば幸いです。

公的融資申請の前に!ファクタリングによる資金調達はご存知でしょうか?

金融機関に融資を断られた方、融資が望めそうに無い方は、経済産業省も制度の推進をしている「ファクタリング」の活用を検討しましょう。

ファクタリングとは、ファクタリング会社にあなたの会社の売掛金を売却し、資金を調達する方法を言います(個人事業主でもOKです)。

借入ではありませんから、審査も簡単。

即日の資金調達も可能。つなぎ資金・急な資金調達ニーズにも柔軟に対応。債務超過でも、決算が赤字でも利用は可能です。逆に、資金繰りが改善するので、金融機関への信用もアップします!

ご注意頂きたい点は、わずか2つです。

1.事業資金専用のサービスであること
2.100万円以上の売掛金が必要であること

簡単10秒診断でまずは資金調達が可能か診断してみましょう。



※資金調達プロの担当者より、ファクタリングのご説明の電話がございますので、貴社の資金調達の件についてまずはご相談ください。
融資不可となり起業をあきらめる前に、投資家から1,000万円の事業資金を調達しませんか? ※無料登録後すぐに案件内容が公開され、投資家からの連絡を受け取ることができます。 Founder(ファウンダー)起業家ユーザー無料登録はこちら