開業資金(設備資金・運転資金)の調達、国民生活金融公庫融資、銀行融資、公的融資(制度融資)なら資金調達.net

資金調達.NET » 融資の基礎知識 » 公的融資とは?

公的融資とは?

公的融資とは、国や自治体などで行なわれている融資のことを指します。

個人向けの公的融資には、住宅ローンを目的とした住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の融資、財形住宅融資、自治体住宅融資などがあります。また、法人向けの公的融資には、国民生活金融公庫の融資、中小企業金融公庫の融資、商工組合中央金庫の融資などがあります。

法人向けの公的融資の特徴としては金利が低く、銀行の融資条件に満たない個人や法人であっても融資を受けてくれるなど、良いことずくめと言える内容でしょう。(もちろん、全員が全員融資に成功するわけではありませんが)

そもそも、公的融資が注目されるきっかけは、銀行による貸し渋りが社会問題となり、地方自治体や政府が、中小企業保護のために融資を推し進めたことが始まりです。個人向けの住宅ローンはともかく、以前の法人向け融資は、銀行の独壇場とも言える状況でしたが、バブル崩壊により一変しました。90年代後半〜2000年代前半にかけては銀行の「貸し渋り」が話題となり、黒字経営を続けているにも関わらず資金調達がままならないばかりに破綻に追い込まれてしまう「黒字倒産」が大きな問題となりました。日本国内の企業の95%以上が中小企業で占められている一方、その中小企業を支援する環境が整っていない問題を改善するため、公的融資の充実化が進められています。

この公的融資は種類が増加し、柔軟性を高めながらより幅広い範囲の人・企業が利用できる環境が整えられつつあります。低金利で融資を受けられる住宅ローンから資金調達がとくに難しい新事業やベンチャー企業に融資を行う制度まで、多くの人・企業が公的融資をうまく活用することで経済が活性化するだけでなく、社会の安定化といった効果も期待されています。

公的融資の王道は日本政策金融公庫と制度融資

そんな公的融資のメインといってもよいのが日本政策金融公庫が実施しているさまざまな融資制度です。国によって作られた公的機関で、かつては国民生活金融公庫、中小企業金融公庫、国際協力銀行といったそれぞれ別に活動していた公的機関を平成20年に統合させることで誕生しました。担保なしでの融資、銀行ではなかなか融資を受けられない信用力に劣る人への融資、さらには新事業や海外進出を図る企業への融資など、さまざまな形で公的融資を行っています。しかも公的機関ということもあって利息も低く、返済の負担も少ないのが大きな魅力です。

直接貸付と代理貸付

公的融資には、直接貸付と代理貸付のふたつがあることを覚えておきましょう。直接貸付とは、国民生活金融公庫や中小企業金融公庫など、政府系金融機関に直接融資を申し込むことであり、一般的な公的融資のことを指すと考えて良いでしょう。

対する代理貸付とは、政府系金融機関に直接融資を申し込むのではなく、代理となる銀行などの窓口を通して融資を申し込みます。政府系金融機関の窓口は、全国にある各市町村全てにあるわけではなく、都道府県下の大都市と言える、一部の都市にのみ存在します。

つまり、不足する公的融資の窓口を、代理となる銀行窓口で補っているのです。(公的融資の代理貸付窓口は、どの銀行にもあるので地方に住んでいたとしても公的融資を受けられます。)これは自治体が直接行うのではなく、資金を民間の銀行に預託する形で行われているのが大きな特徴です。そのため利用の際には民間銀行で公的融資の商品が扱われているかどうかを確認する必要もあります。

融資を受けるための条件や制約がやや厳しい面もありますが、賢く活用することでさまざまな用途での資金調達に役立てることができるでしょう。

資金調達に精通した税理士の無料紹介はこちら

事業計画書作成でお悩みのあなたへ

実際に融資のおりた事業計画書例25パック実際に融資のおりた事業計画書例25パック

当パックは、実際に日本政策金融公庫や制度融資(信用保証協会付融資)から融資がおりた事業計画書25例を同封しております。

「どのような事業計画書を作成すれば良いかわからない」
「事業計画書を作成したことがない」

これから日本政策金融公庫融資や信用保証協会付融資をお考えの方のお役に立てれば幸いです。

公的融資申請の前に!ファクタリングによる資金調達はご存知でしょうか?

金融機関に融資を断られた方、融資が望めそうに無い方は、経済産業省も制度の推進をしている「ファクタリング」の活用を検討しましょう。

ファクタリングとは、ファクタリング会社にあなたの会社の売掛金を売却し、資金を調達する方法を言います(個人事業主でもOKです)。

借入ではありませんから、審査も簡単。

即日の資金調達も可能。つなぎ資金・急な資金調達ニーズにも柔軟に対応。債務超過でも、決算が赤字でも利用は可能です。逆に、資金繰りが改善するので、金融機関への信用もアップします!

ご注意頂きたい点は、わずか2つです。

1.事業資金専用のサービスであること
2.100万円以上の売掛金が必要であること

簡単10秒診断でまずは資金調達が可能か診断してみましょう。



※資金調達プロの担当者より、ファクタリングのご説明の電話がございますので、貴社の資金調達の件についてまずはご相談ください。
融資不可となり起業をあきらめる前に、投資家から1,000万円の事業資金を調達しませんか? ※無料登録後すぐに案件内容が公開され、投資家からの連絡を受け取ることができます。 Founder(ファウンダー)起業家ユーザー無料登録はこちら

売掛金がない。公的融資を申請している時間もないという方へ

事業者向けビジネスローンビジネクストが選ばれる4つのメリットとは?

ご融資額は1万~1000万円となります。毎月の返済額が自動で計算できます。

事業拡大・決算時などのまとまった資金ニーズに、一時的なつなぎ資金にご活用ください。

法人経営者・個人事業主向け民間ビジネスローンなら

事業者向けローンなら公共機関に並ぶ安心感のオリックスVIPローンカードBUSINESSを検討しましょう。

急な資金需要にお応えする最短即日審査というスピード力や用途に応じて最大500万まで対応可能な契約コース、業界トップクラスの低金利6.0~17.8%による借入が可能になります。

ビジネスローンの主なメリットは、「銀行融資に比べて審査通過率が高い」「無担保・保証人なし」「ATMでいつでもどこでも借入可」「数日で借りれる」といったものがあります。

一方で銀行融資はしっかりとした目的(新規事業や設備投資、仕入れ、つなぎ融資など)がないと融資が下りることはありません。銀行融資と比較しながらビジネスローンのメリットと審査を通すポイントにフォーカスし、融資をうまく活用してより事業を繁栄させるための一歩を踏み出しましょう。

今必要ではなくても、カードを持っていれば急な資金需要に備えることができ、チャンスの時もピンチの時も役立ちます。

入会金・年会費は無料ですので、一枚持っているだけで事業経営の安心感が変わってきます。