開業資金(設備資金・運転資金)の調達、国民生活金融公庫融資、銀行融資、公的融資(制度融資)なら資金調達.net

資金調達.NET » 融資の基礎知識 » リボ払いの恐怖

リボ払いの恐怖

経営者にとって、特に「出ていくお金」を管理していくのはとても大切なこと。この支出管理のできない管理者は、厳しい言い方ですが会社を経営する素質がないといってもいいでしょう。この支出管理にあたって、大きな武器となるのがクレジットカード支払いです。

ただ、一括払いや分割払いのなかでも、経営者には禁じ手とされているクレジットカードの返済方法があります。

それは「リボルビング払い(リボ払い)」です。

リボ払いとは?

リボ払いとは、毎月の返済額が一定に抑えられます。たとえば月額返済を10,000円に固定すると、毎月10,000円以上の支払いが求められることはありません。このため買い物がしやすく、支払計画をたてやすいという特徴があります。

一方でリボ払いにはデメリットも存在します。リボ払いを無計画に利用していくと支払残高が増えて、支払期間が延びたり、返済元本額と手数料額からなる毎月の返済額が増加したりという特徴があります。

また、リボ払いはクレジットカード会社によって細かい点の条件が異なり、複数のクレジットカードを使用している人には区別がつきずらいという点も指摘されています。

リボ払いの種類

一概にリボ払いといっても、実はいくつかの種類があります。

(1)事前登録型リボ

あらかじめ支払方法をリボ払いに登録しておき、クレジットカードを利用した買い物はすべてリボ払いになります。

(2)リボ専用カード

あらかじめカード自体がリボ払いに限定されているもの

(3)店頭選択型リボ

利用時に販売店の店頭などで利用者が支払方法をリボ払いに選択するもの

(4)あとからリボ変更

カード利用後、利用者の申し出により、リボ払いに変更するもの

リボ払いを適切に利用するためには、利用状況を随時確認することが大切です。月間5,000円と認識して利用していたのに、気がつくと月20,000円に膨れ上がっていた、という話されも耳にします。

経営者はなぜリボ払いをしてはいけないのか

それでは、経営者はなぜリボ払いをしてはいけないのでしょうか。それは記事の最初にも記載しましたが、支出を管理することが大切な経営者にとって、リボ払いのデメリットのひとつである「支出管理が難しい」というのは大きなデメリットであるからです。

当月、翌月のみならず、数カ月先の支出を見越して、それに対する収入を売上として確保することが経営者の責務です。その段階で15,000円のリボ払い月額返済額を、5,000円と誤認識しているとすると、社長のみならず社員や会社自体が路頭に迷ってしまいます。

ただ、社長のもうひとつの特徴は「適切なタイミングで適切な先行投資をする」こと。クレジットカードの利用自体は、経営者にとって特に咎められるものではありません。実際に事業用のクレジットカードやデビッドカードを作成し、活用する経営者も数多くいます。

手数料も高いリボ払い

リボ払いのもうひとつの特徴は、「手数料が高いこと」です。年利10%前後は普通。返済スケジュールを自由に組むということは、それだけ金利という「反動」が強いものということができます。手数料が高いということは、それだけ購入した品物以外の費用がかかっているということ。

経営者にとって、支出の金額を管理すると同時に、その金額の内訳が何か、本当に必要な支出なのかも重要な把握事といえます。

リボ払いを選択する利用者の多くは、「クレジットに手数料がかかるのは仕方がないこと」という認識を持っています。それもリボ払いが人気のあるひとつの理由となっているのでしょうか。

クレジットカードは、会計担当役員に預ける

本稿でも何度か繰り返していますが、かといっても経営者は適切な支出によるチャンスロスだけは避けたいもの。そのジレンマを解決するひとつの方法は、「事業用のクレジットカードやデビットカードを、会計担当役員に預けてしまう」という方法です。

そうすることで、社長の意思決定から一呼吸置いてリボ払いをはじめとした月賦融資を行うことができます。法人において会計担当役員、いわゆる「金庫番」は、社長と確固たる信頼を築いている場合が多く、また社長に対して堂々とモノを言えることの多い金庫番は、クレジットカードを預けるには適切な存在。

クレジットカードは会計担当役員に預け、社長が常に向き合わなければならない経営のプレッシャーが無駄な支出と手数料に消えることのないよう、監視して貰うようにしましょう。

リボ払いにもメリットがあり、問題は合わせて生じるデメリットをどこまで適切に管理できるかです。

経営者がリボ払いをうかつに活用して、会社を傾けさせないために。いくつかの注意ポイントや工夫点がリボ払いには存在します。

しっかりと向き合うようにしたいですね。

参考:【保存版】リボ払い完済の体験談。350万を3年で完済。(別サイトに飛びます)

資金調達に精通した税理士の無料紹介はこちら

事業計画書作成でお悩みのあなたへ

実際に融資のおりた事業計画書例25パック実際に融資のおりた事業計画書例25パック

当パックは、実際に日本政策金融公庫や制度融資(信用保証協会付融資)から融資がおりた事業計画書25例を同封しております。

「どのような事業計画書を作成すれば良いかわからない」
「事業計画書を作成したことがない」

これから日本政策金融公庫融資や信用保証協会付融資をお考えの方のお役に立てれば幸いです。

公的融資申請の前に!ファクタリングによる資金調達はご存知でしょうか?

金融機関に融資を断られた方、融資が望めそうに無い方は、経済産業省も制度の推進をしている「ファクタリング」の活用を検討しましょう。

ファクタリングとは、ファクタリング会社にあなたの会社の売掛金を売却し、資金を調達する方法を言います(個人事業主でもOKです)。

借入ではありませんから、審査も簡単。

即日の資金調達も可能。つなぎ資金・急な資金調達ニーズにも柔軟に対応。債務超過でも、決算が赤字でも利用は可能です。逆に、資金繰りが改善するので、金融機関への信用もアップします!

ご注意頂きたい点は、わずか2つです。

1.事業資金専用のサービスであること
2.100万円以上の売掛金が必要であること

簡単10秒診断でまずは資金調達が可能か診断してみましょう。



※資金調達プロの担当者より、ファクタリングのご説明の電話がございますので、貴社の資金調達の件についてまずはご相談ください。
融資不可となり起業をあきらめる前に、投資家から1,000万円の事業資金を調達しませんか? ※無料登録後すぐに案件内容が公開され、投資家からの連絡を受け取ることができます。 Founder(ファウンダー)起業家ユーザー無料登録はこちら

売掛金がない。公的融資を申請している時間もないという方へ

事業者向けビジネスローンビジネクストが選ばれる4つのメリットとは?

ご融資額は1万~1000万円となります。毎月の返済額が自動で計算できます。

事業拡大・決算時などのまとまった資金ニーズに、一時的なつなぎ資金にご活用ください。

法人経営者・個人事業主向け民間ビジネスローンなら

事業者向けローンなら公共機関に並ぶ安心感のオリックスVIPローンカードBUSINESSを検討しましょう。

急な資金需要にお応えする最短即日審査というスピード力や用途に応じて最大500万まで対応可能な契約コース、業界トップクラスの低金利6.0~17.8%による借入が可能になります。

ビジネスローンの主なメリットは、「銀行融資に比べて審査通過率が高い」「無担保・保証人なし」「ATMでいつでもどこでも借入可」「数日で借りれる」といったものがあります。

一方で銀行融資はしっかりとした目的(新規事業や設備投資、仕入れ、つなぎ融資など)がないと融資が下りることはありません。銀行融資と比較しながらビジネスローンのメリットと審査を通すポイントにフォーカスし、融資をうまく活用してより事業を繁栄させるための一歩を踏み出しましょう。

今必要ではなくても、カードを持っていれば急な資金需要に備えることができ、チャンスの時もピンチの時も役立ちます。

入会金・年会費は無料ですので、一枚持っているだけで事業経営の安心感が変わってきます。