開業資金(設備資金・運転資金)の調達、国民生活金融公庫融資、銀行融資、公的融資(制度融資)なら資金調達.net

資金調達.NET » 資金調達の基礎知識 » 住宅ローンがある場合の与信評価

住宅ローンがある場合の与信評価

資金調達のための借入時に、会社の経営者に住宅ローンがある場合、与信評価に何らかの影響があるのでしょうか。

住宅は担保価値として評価されるけど・・・

与信評価とは相手の信用度を判断し、この人には幾らまでなら貸すことができるかを審査することをいいます。

一般的には会社の取引先に掛け売りをする際や、金融機関などが貸し付けを行う際に行われます。金融機関での与信評価の基準は主に返済能力、返済資質、返済担保の3点です。

持ち家の場合は返済担保の評価が上がりますが、まだ住宅ローンの大半が残っている場合は、評価が下がります。

しかし一般的には、事業の経営が順調で役員報酬が毎月きちんと支払われており、役員報酬のなかから生活費やローン返済が滞りなくまかなえている状態ならほとんど問題にはなりません。

一方で業績が悪化しており、役員報酬の支払いが困難であるにもかかわらず、住宅ローンを返済するために無理をして役員報酬を支払っている場合は融資を受けることが困難になります。

金融機関側からみると、事業資金として貸したのに、ローンの返済にも使われることになりますから、貸付金の使い道が異なるとして融資を断られるケースがあります。

また、不動産担保ローンを利用する場合は、ローンの残高があると借り入れ限度額や金利に影響がでることも少なくありません。

自宅の担保評価より、住宅ローンの残債額が少ない場合はローンが利用できる可能性が高くなりますが、その逆の場合は与信評価が下がって不動産担保ローンが利用できないか、たとえローンが利用できたとしても通常より少ない金額しか借りられないケースが多くなります。

まずは無担保融資を利用しよう

事業資金の調達は信用保証制度による保証付きの銀行融資や、日本政策金融公庫を利用するのが一般的です。

なぜならこれらは無担保で融資が受けられるからです。

信用保証協会や日本政策金融公庫の融資は、中小企業などへの貸し付けをスムーズに行って経営を支援することが目的です。

このため信用度の評価は社長に住宅ローンがある・なしよりも、会社の事業実績が重視されます。

損益計算書などの決算書や確定申告書、事業計画書などを提出する必要がありますが、金融機関よりも借りやすくなっています。まずはこれらの融資制度を活用することをおすすめします。

また政府や都道府県などが経営を支援するための助成金や補助金事業を行っているので、これらも活用しましょう。助成金や補助金は返済する必要がありませんから、積極的に活用することをおすすめします。

資金調達に精通した税理士の無料紹介はこちら

事業計画書作成でお悩みのあなたへ

実際に融資のおりた事業計画書例25パック実際に融資のおりた事業計画書例25パック

当パックは、実際に日本政策金融公庫や制度融資(信用保証協会付融資)から融資がおりた事業計画書25例を同封しております。

「どのような事業計画書を作成すれば良いかわからない」
「事業計画書を作成したことがない」

これから日本政策金融公庫融資や信用保証協会付融資をお考えの方のお役に立てれば幸いです。

公的融資申請の前に!ファクタリングによる資金調達はご存知でしょうか?

金融機関に融資を断られた方、融資が望めそうに無い方は、経済産業省も制度の推進をしている「ファクタリング」の活用を検討しましょう。

ファクタリングとは、ファクタリング会社にあなたの会社の売掛金を売却し、資金を調達する方法を言います(個人事業主でもOKです)。

借入ではありませんから、審査も簡単。

即日の資金調達も可能。つなぎ資金・急な資金調達ニーズにも柔軟に対応。債務超過でも、決算が赤字でも利用は可能です。逆に、資金繰りが改善するので、金融機関への信用もアップします!

ご注意頂きたい点は、わずか2つです。

1.事業資金専用のサービスであること
2.100万円以上の売掛金が必要であること

簡単10秒診断でまずは資金調達が可能か診断してみましょう。



※資金調達プロの担当者より、ファクタリングのご説明の電話がございますので、貴社の資金調達の件についてまずはご相談ください。
融資不可となり起業をあきらめる前に、投資家から1,000万円の事業資金を調達しませんか? ※無料登録後すぐに案件内容が公開され、投資家からの連絡を受け取ることができます。 Founder(ファウンダー)起業家ユーザー無料登録はこちら

売掛金がない。公的融資を申請している時間もないという方へ

事業者向けビジネスローンビジネクストが選ばれる4つのメリットとは?

ご融資額は1万~1000万円となります。毎月の返済額が自動で計算できます。

事業拡大・決算時などのまとまった資金ニーズに、一時的なつなぎ資金にご活用ください。

法人経営者・個人事業主向け民間ビジネスローンなら

事業者向けローンなら公共機関に並ぶ安心感のオリックスVIPローンカードBUSINESSを検討しましょう。

急な資金需要にお応えする最短即日審査というスピード力や用途に応じて最大500万まで対応可能な契約コース、業界トップクラスの低金利6.0~17.8%による借入が可能になります。

ビジネスローンの主なメリットは、「銀行融資に比べて審査通過率が高い」「無担保・保証人なし」「ATMでいつでもどこでも借入可」「数日で借りれる」といったものがあります。

一方で銀行融資はしっかりとした目的(新規事業や設備投資、仕入れ、つなぎ融資など)がないと融資が下りることはありません。銀行融資と比較しながらビジネスローンのメリットと審査を通すポイントにフォーカスし、融資をうまく活用してより事業を繁栄させるための一歩を踏み出しましょう。

今必要ではなくても、カードを持っていれば急な資金需要に備えることができ、チャンスの時もピンチの時も役立ちます。

入会金・年会費は無料ですので、一枚持っているだけで事業経営の安心感が変わってきます。