開業資金(設備資金・運転資金)の調達、国民生活金融公庫融資、銀行融資、公的融資(制度融資)なら資金調達.net

資金調達.NET » 資金調達の基礎知識 » おまとめローンとは?

おまとめローンとは?

借金を一本化するための選択肢

さまざまな事情で複数の金融機関からお金を借りてしまうケースも少なくありません。とくに企業・個人ともに事業を行っている場合、何度も資金調達を行わなければならない事情から、A社から融資を受けている状況でまたB社からお金を借りなければならない…といったシチュエーションも出てきます。

さらに厄介なのが借金の返済のために借金をしてしまうケースです。A社からの返済日が迫っているけどお金を調達できない、仕方がないのでB社から借りて当座をしのぐ…といった方法を続けているといつのまにか複数の金融機関からお金を借りている状況に陥ってしまうこともあります。

こうしたケースだと1ヵ月のうちに何度も返済日が来て資金調達が大変になるうえ、重ねてお金を借りるにつれて金利面で不利になっていきます。融資を受ける環境が不利になるため、どうしても審査が甘い一方で金利が高めのところから借りる事になってしまうからです。こうした「お金がなくてあちこちから借りて負担がどんどん重くなり、返済しづらい環境に陥る」というのが返済不能に陥る典型的なパターンのひとつなのです。

おまとめローンとはそうした複数の金融機関から借りているお金をまとめるためのものです。たとえば3社から合計200万円の借金がある状況で、新たにおまとめローンで200万円の融資を受けることで3社からの借金を返済し、おまとめローンの返済だけに集中できる環境を作ることになります。

メリットは?

それによって返済日がひとつにまとまって資金調達やお金の管理がやりやすくなるメリットがまず得られます。それから先述したように繰り返しお金を借りれば借りるほど金利面が不利になるため、一本化することによってこれまでよりも有利な金利で返済できるようになる点も大きなメリットでしょう。「このローンさえ着実に返済していけばいい」という精神的な安心感もポイントです。

デメリットは?

メリットだけというわけでは必ずしもなく、いくつかの点で注意しなければならないケースも出てきます。まず、期待したほど金利は安くならない点。消費者金融から融資を受けている場合はほとんどのケースで安くなりますが、それでも大幅な利息の減額はあまり期待できません。

もうひとつは過払い金が発生した場合など、借金を減らす余地があるにも関わらずおまとめローンで一本化してしまうと、その分を一気に返済してしまう点も注意した方がよいでしょう。まずは借金の引きなおし計算などを行ったうえでおまとめローンを検討することが大前提です。こうした注意点を踏まえたうえで利用を検討してみましょう。

資金調達に精通した税理士の無料紹介はこちら

事業計画書作成でお悩みのあなたへ

実際に融資のおりた事業計画書例25パック実際に融資のおりた事業計画書例25パック

当パックは、実際に日本政策金融公庫や制度融資(信用保証協会付融資)から融資がおりた事業計画書25例を同封しております。

「どのような事業計画書を作成すれば良いかわからない」
「事業計画書を作成したことがない」

これから日本政策金融公庫融資や信用保証協会付融資をお考えの方のお役に立てれば幸いです。

公的融資申請の前に!ファクタリングによる資金調達はご存知でしょうか?

金融機関に融資を断られた方、融資が望めそうに無い方は、経済産業省も制度の推進をしている「ファクタリング」の活用を検討しましょう。

ファクタリングとは、ファクタリング会社にあなたの会社の売掛金を売却し、資金を調達する方法を言います(個人事業主でもOKです)。

借入ではありませんから、審査も簡単。

即日の資金調達も可能。つなぎ資金・急な資金調達ニーズにも柔軟に対応。債務超過でも、決算が赤字でも利用は可能です。逆に、資金繰りが改善するので、金融機関への信用もアップします!

ご注意頂きたい点は、わずか2つです。

1.事業資金専用のサービスであること
2.100万円以上の売掛金が必要であること

簡単10秒診断でまずは資金調達が可能か診断してみましょう。



※資金調達プロの担当者より、ファクタリングのご説明の電話がございますので、貴社の資金調達の件についてまずはご相談ください。
融資不可となり起業をあきらめる前に、投資家から1,000万円の事業資金を調達しませんか? ※無料登録後すぐに案件内容が公開され、投資家からの連絡を受け取ることができます。 Founder(ファウンダー)起業家ユーザー無料登録はこちら

売掛金がない。公的融資を申請している時間もないという方へ

事業者向けビジネスローンビジネクストが選ばれる4つのメリットとは?

ご融資額は1万~1000万円となります。毎月の返済額が自動で計算できます。

事業拡大・決算時などのまとまった資金ニーズに、一時的なつなぎ資金にご活用ください。

法人経営者・個人事業主向け民間ビジネスローンなら

事業者向けローンなら公共機関に並ぶ安心感のオリックスVIPローンカードBUSINESSを検討しましょう。

急な資金需要にお応えする最短即日審査というスピード力や用途に応じて最大500万まで対応可能な契約コース、業界トップクラスの低金利6.0~17.8%による借入が可能になります。

ビジネスローンの主なメリットは、「銀行融資に比べて審査通過率が高い」「無担保・保証人なし」「ATMでいつでもどこでも借入可」「数日で借りれる」といったものがあります。

一方で銀行融資はしっかりとした目的(新規事業や設備投資、仕入れ、つなぎ融資など)がないと融資が下りることはありません。銀行融資と比較しながらビジネスローンのメリットと審査を通すポイントにフォーカスし、融資をうまく活用してより事業を繁栄させるための一歩を踏み出しましょう。

今必要ではなくても、カードを持っていれば急な資金需要に備えることができ、チャンスの時もピンチの時も役立ちます。

入会金・年会費は無料ですので、一枚持っているだけで事業経営の安心感が変わってきます。